一級建築士

一級建築士の仕事内容や、この職業に向いている人、必要な資格などをご紹介

一級建築士の仕事と資格

一級建築士とは、建築デザインから工事監理まで、建築に関してのさまざまな業務を行う専門職です。

仕事場で図面を引く作業や、建築材料の選定も行います。一級建築士になるには、一級建築士国家試験に合格することです。学歴や保持資格により、数年の実務経験が必要となるので、建築事務所や設計事務所などで仕事をしながら、資格取得を目指す人が多くいます。

受験者数は毎年増えていますが、年間の合格者数がほぼあらかじめ決まっているので、合格するのが難しくなってきているそうです。スクールなどに通って、効果的な勉強を 行うのが良いでしょう。

一級建築士の資格を取得すると、経験を積んでけば独立開業する道も開けてきます。都市計画への参画や公共性の高い建築物は、一級建築士しか設計・監理を行うことができないので、企業内でも高く評価されます。

一級建築士には、CADを使って 図面を書く能力が欠かせません。また、テナント業者や施行業者などとの交渉ごとが多いので、コミュニケーション能力が求められます。

近年では、女性の一級建築士も進出しており、 子育てが終わってからも仕事に復帰することができます。生活に密着した建物の機能面や、シックハウス問題など細かい気配りが求められているので、女性の一級建築士の活躍が 今後も期待されるでしょう。

資格名

一級建築士

分類

国家資格

受験資格

(1)大学の建築・土木課程の卒業者で、2年以上の実務経験がある者
(2)2年制短大の建築・土木課程の卒業者で、4年以上の実務経験がある者
(3)二級建築士の資格取得者で4年以上の実務経験がある者等

試験内容

<学科>建築計画、環境工学、建築設備、建築法規、構造力学、建築一般構造、建築施行等。
<設計製図>学科合格者のみ。

試験日

<学科>7月
<設計製図>10月

試験料

15,100円

試験地

各都道府県

合格率

約11%

問合せ先

(財)建築技術教育普及センター 03-5524-3105