二級建築士

二級建築士の仕事内容や、この職業に向いている人、必要な資格などをご紹介

二級建築士の仕事と資格

二級建築士とは、建築物の設計、建設工事の管理・指導監督、建築工事契約の事務を行うスペシャリストです。

仕事の流れは、はじめに施工主の要望を聞いて、建築予定現場の調査を行い、設計・建築費の見積もり、建築許可申請などを経たあと、工事を行います。

二級建築士になるには、二級建築士国家試験に合格して資格を得ることです。大学で建築学科を卒業した人は、実務経験がなくても受験することができます。

建築士を目指すなら、早めの段階で勉強しておくと良いでしょう。一般的には、働きながら二級建築士の資格取得を目指す人が多くみられます。設計製図試験はもし落ちても、翌年までは申請によって免除が行われます(学科合格者のみ)。

二級建築士が扱える建物は、一級より規模が小さく一般住宅や店舗などとなっています。二級建築士の就職先には、建築会社や建築設計事務所、土地開発会社などがあります。

休日については、工期の関係や工事関係者との打ち合わせなどで不規則になることが多く、休日出勤や時間外出勤になることもよくあります。

男性が多い職場ですが、女性の進出も年々増えており、女性ならではのインテリアデザインセンスを活かすことができるでしょう。

物づくりが好きな人や、根気がある人、構想力がある人に向いている仕事でしょう。

資格名

二級建築士

分類

国家資格

受験資格

(1)大学、高専の建築学科の卒業者。
(2)大学、高専の土木学科の卒業者で1年以上の実務経験がある者。
(3)高校の建築または土木課程の卒業者で3年以上の実務経験がある者等。

試験内容

<学科>(1)建築計画 (2)建築法規 (3)建築構造 (4)建築施工
<設計製図>学科の合格者のみ

試験日

<学科>7月上旬
<設計製図>9下旬

試験料

15,100円

試験地

全国47都道府県

合格率

約23%

問合せ先

(財)建築技術教育普及センター 03-5524-3105